試合速報

2019.04.14(日)

14:00KICK OFF

京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場

試合終了

京都サンガF.C.

京都サンガF.C.

2

-

1

ツエーゲン金沢

ツエーゲン金沢

  • 1

    前半

    0

  • 1

    後半

    1

  • 金久保 順 (43’)

    仙頭 啓矢 (89’)

    杉浦 恭平 (83’)

  • スタジアム

    京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場

  • 入場者数

    3,385人

  • 天候/気温/湿度

    雨/14.6℃/76%

  • 主審

    池内 明彦

  • 副審

    桜井 大介、西水流 優一

  • 第四の審判員

    渡辺 康太

テキスト速報

  • 前半0分

     

    金沢ボールでキックオフ、試合開始

  • 前半0分

    京都

    予想フォーメーションは5-1-2-2。先週の栃木戦では、一美のゴールを守り抜いて僅差で勝利を収め、アウェイ無敗の記録を更新した。ホームに迎えるのは、3戦連続負けなしと相性の良い金沢。好調を維持して上昇気流に乗りたい

  • 前半0分

    金沢

    予想フォーメーションは4-4-2。スタートダッシュに失敗したものの、直近の5試合で4勝1分と調子の良さをうかがわせている。注目はチーム内得点王の小松。前節も値千金の先制点を決めるなど、大車輪の活躍を見せて3連勝に貢献した。2トップの一角として今節も働きに期待したい

  • 前半2分

    金沢

    毛利がディフェンスラインからボールを受けて左サイドをドリブルで持ち上がる。左サイドの敵陣中央までボールを運ぶが、DFのプレッシャーを受けてボールを失ってしまう

  • 前半4分

    京都

    一美からの絶妙なスルーパスに宮吉が反応。ディフェンスラインの裏に抜け出してペナルティエリア右でGKとの1対1を迎える。しかし、ボールタッチが乱れてボールはゴールラインを割ってしまう

  • 前半5分

    京都

    小屋松がDFと接触して左肩を押さえて倒れ込む

  • 前半6分

    京都

    小屋松はしばらく立ち上がれないが、時間をおいてから顔をしかめながらプレーに復帰する

  • 前半7分

    京都

    左CKを獲得する

  • 前半7分

    京都

    キッカーは金久保。右足でペナルティエリア手前へボールを送ると、庄司がこれを受けて、ペナルティエリア手前の中央から右足で低いシュートを放つ。ペナルティエリア中央で一美が触ってコースを変えるが、枠の右に外れてしまう

  • 前半10分

    金沢

    前線の選手らが積極的にプレッシャーをかけてビルドアップの余裕を与えない

  • 前半13分

    金沢

    左CKを獲得する

  • 前半13分

    金沢

    キッカーは藤村。右足でインスイングのクロスを送るが、味方のファウルにより相手のFKに

  • 前半15分

    金沢

    右サイドの敵陣中央でFKを獲得する

  • 前半16分

    金沢

    ボールサイドに立つのは毛利と藤村

  • 前半16分

    金沢

    キッカーの藤村が右足でゴール前へボールを送り、梅鉢がヘディングで合わせる。滞空時間の長いボールは、GKにキャッチされてしまう

  • 前半17分

    京都

    本多がペナルティエリア手前の左で梅鉢に倒されてFKを獲得する

  • 前半18分

    金沢

    梅鉢にイエローカード

  • 前半18分

    京都

    ボールサイドに立つのは金久保と黒木

  • 前半19分

    京都

    キッカーの金久保が低いシュートを放つが、ゴール前の密集に当たって枠をとらえられない

  • 前半21分

    金沢

    大石が右サイドからドリブルで持ち上がり、ペナルティエリア手前の右へ切れ込む。強引にドリブル突破を試みるも、DFのプレッシャーに遭ってボールを失ってしまう。クルーニーがこぼれ球に反応して低いシュートを放つが、GKにキャッチされてしまう

  • 前半23分

    京都

    金久保のシュートがブロックされて右CKを獲得する

  • 前半24分

    京都

    キッカーが左足でインスイングのクロスをニアへ送るが、DFにクリアされてしまう

  • 前半25分

    京都

    左サイドの敵陣中央でFKを獲得する

  • 前半25分

    京都

    ボールサイドに立つのは金久保と黒木

  • 前半25分

    京都

    キッカーの金久保が右足でゴールへ向かっていくボールを送り込む。ゴール前で本多が高い打点のシュートを放つが、これはGKの正面。GKにキャッチされてしまう

  • 前半27分

    京都

    右CKを獲得する

  • 前半28分

    京都

    キッカーの黒木が左足でインスイングのクロスを送るが、クルーニーにクリアされてしまう

  • 前半31分

    金沢

    大石がスピードに乗ったドリブルで右サイドからドリブルで持ち上がる。DFのプレッシャーに遭って倒されるも、主審の笛は鳴らない

  • 前半33分

    京都

    一美が味方のパスに反応してディフェンスラインの裏へ抜け出し、右サイドへ流れるが、オフサイドの判定

  • 前半36分

    金沢

    小松が自陣右サイドからの浮き球のパスに反応して右へ走り込む。右サイドの敵陣深くへ流れてボールをキープしようとするが、DFのプレッシャーに遭ってボールを失ってしまう

  • 前半39分

    京都

    敵陣中央からペナルティエリア手前にかけて、細かくパスをつないで局面の打開を図るが、シュートまで持ち込めない

  • 前半42分

    金沢

    敵陣でもボールホルダーに対して激しく体を寄せて自由を与えない

  • 前半43分

    京都

    ゴール!一美がフリーとなっている金久保へ横パスを通す。受けた金久保はペナルティエリア手前で右足を振り抜くと、ボールは阻もうとしたDFの足に当たってコースが変わり、ゴールネットへ吸い込まれる

  • 前半45分

    金沢

    左サイドの敵陣中央でFKを獲得する

  • 前半45分

    金沢

    ボールサイドに立つのは毛利と藤村

  • 前半45分

    金沢

    キッカーの藤村が右足でインスイングのクロスを送り、山本がゴール前でヘディングで合わせるが、得点には至らない

  • 前半46分

     

    アディショナルタイムは1分の表示

  • 前半47分

     

    前半終了。1-0と、ホームの京都のリードで試合を折り返す

  • 後半0分

     

    京都ボールでキックオフ、後半開始

  • 後半0分

    金沢

    33梅鉢OUT→6大橋IN

  • 後半2分

    金沢

    敵陣中央の右でFKを獲得する

  • 後半2分

    金沢

    ボールサイドに立つのは藤村

  • 後半3分

    金沢

    キッカーの藤村が右足でペナルティエリア左へクロスを供給。これに味方が反応してヘディングで合わせるが、DFのプレッシャーに遭ってジャストミートできない

  • 後半7分

     

    後半に入ってからロングボールや浮き球のパスを多用した展開が増えている

  • 後半9分

    京都

    左サイドで小屋松が味方からリターンパスを受けると、左サイドの敵陣深くへ持ち上がる。二人のDFに囲まれながらも、うまくプレッシャーをかわしてペナルティエリア左へ進入する。しかし、最後はボールタッチが乱れてボールはゴールラインを割ってしまう

  • 後半12分

    京都

    素早い攻守の切り替えで、カウンターを受ける場面でもうまく対応してシュートまで持ち込ませない

  • 後半16分

    京都

    一美からの絶妙なスルーパスに小屋松が反応。ペナルティエリア左へ進入するも、間際でGKに対応されてしまう

  • 後半19分

    京都

    本多が快足を生かしたカバーリングで積極的に自陣に戻って守備に参加する

  • 後半22分

    京都

    一美が左サイドの敵陣深くで粘り強くボールをキープ。振り向きざまに低いマイナスのクロスを供給するが、味方にはつながらない

  • 後半23分

    金沢

    17加藤OUT→7清原IN

  • 後半25分

    京都

    黒木のクロスがDFにブロックされて左CKを獲得する

  • 後半25分

    京都

    キッカーは黒木。左足でアウトスイングのクロスを送るも、味方にはつながらず。DFにクリアされてしまう

  • 後半28分

     

    中盤でのロングボールの応酬が続く

  • 後半30分

    京都

    金久保が右サイドからドリブルで持ち上がる。ペナルティエリア手前へ切れ込むと、ペナルティエリア手前中央の重廣へボールを預ける。重廣は金久保にボールを渡してリターンパスを受けると、完全にフリーに。ペナルティエリア中央で右足を振り抜いてシュートを放つが、DFにブロックされてしまう

  • 後半31分

    金沢

    22クルーニーOUT→11杉浦IN

  • 後半34分

    京都

    13宮吉OUT→31福岡IN

  • 後半37分

    金沢

    杉浦が敵陣中央の右でボールを奪って独走状態に。ペナルティエリア右へ進入してGKとの1対1を迎えると、右足でシュートを放つ。しかし、GKの好セーブに遭う

  • 後半38分

    金沢

    gooooal大石がペナルティエリア手前の中央から右足で低いシュートを放つ。ゴール前で杉浦がこれをトラップすると、右足を振り抜いて同点弾の奪取に成功

  • 後半42分

    京都

    41金久保OUT→14仙頭IN

  • 後半42分

    京都

    こぼれ球に反応してボールを追いかける仙頭。ペナルティエリア右で倒されてPKを獲得する

  • 後半43分

    京都

    23一美OUT→4闘莉王IN

  • 後半43分

    京都

    ボールサイドに立つのは仙頭

  • 後半44分

    京都

    ゴール!キッカーの仙頭が右足でネット右隅へ押し込み、勝ち越しに成功する

  • 後半44分

    京都

    仙頭はベンチメンバーらと喜びを爆発させる

  • 後半46分

     

    アディショナルタイムは3分の表示

  • 後半48分

    金沢

    清原が右サイドの敵陣深くで倒されてFKを獲得する

  • 後半48分

    京都

    本多にイエローカード

  • 後半48分

    金沢

    ボールサイドに立つのは藤村

  • 後半48分

    金沢

    キッカーの藤村が右足でインスイングのクロスを送るが、味方はDFのプレッシャーに遭ってシュートをジャストミートさせられない

  • 後半49分

     

    試合終了。2-1でホームの京都が勝利

メンバー

  • 京都サンガF.C.

  • スターティングメンバー

  • GK

    21

    清水 圭介

  • DF

    5

    黒木 恭平

  • DF

    6

    本多 勇喜

  • DF

    16

    安藤 淳

  • DF

    25

    上夷 克典

  • MF

    8

    重廣 卓也

  • MF

    10

    庄司 悦大

  • MF

    22

    小屋松 知哉

  • MF

    41

    金久保 順

    87’

    out
  • FW

    13

    宮吉 拓実

    79’

    out
  • FW

    23

    一美 和成

    88’

    out
  • ツエーゲン金沢

  • スターティングメンバー

  • GK

    23

    白井 裕人

  • DF

    24

    長谷川 巧

  • DF

    27

    廣井 友信

  • DF

    2

    山本 義道

  • DF

    16

    毛利 駿也

  • MF

    13

    大石 竜平

  • MF

    33

    梅鉢 貴秀

    46*’

    out
  • MF

    8

    藤村 慶太

  • MF

    17

    加藤 大樹

    68’

    out
  • FW

    9

    小松 蓮

  • FW

    22

    クルーニー

    76’

    out
  • 控えメンバー

  • GK

    1

    加藤 順大

  • DF

    4

    田中 マルクス闘莉王

    88’

    in
  • DF

    30

    石櫃 洋祐

  • MF

    14

    仙頭 啓矢

    87’

    in
  • MF

    31

    福岡 慎平

    79’

    in
  • FW

    19

    大野 耀平

  • FW

    39

    エスクデロ 競飛王

  • 控えメンバー

  • GK

    1

    後藤 雅明

  • DF

    4

    石尾 崚雅

  • DF

    45

    沼田 圭悟

  • MF

    6

    大橋 尚志

    46*’

    in
  • MF

    7

    清原 翔平

    68’

    in
  • MF

    14

    金子 昌広

  • FW

    11

    杉浦 恭平

    76’

    in
  • 監督

  • 中田 一三

  • 監督

  • 柳下 正明

試合経過

  • 京都サンガF.C.

    ツエーゲン金沢

  • 本多 勇喜

    icon_yellowx1

    90+3’

     

     

  • 仙頭 啓矢

    goal

    89’

     

     

  • 一美 和成
    田中 マルクス闘莉王

    icon_outicon_in

    88’

     

     

  • 金久保 順
    仙頭 啓矢

    icon_outicon_in

    87’

     

     

  •  

     

    83’

    goal

    杉浦 恭平

  • 宮吉 拓実
    福岡 慎平

    icon_outicon_in

    79’

     

     

  •  

     

    76’

    icon_outicon_in

    クルーニー
    杉浦 恭平

  •  

     

    68’

    icon_outicon_in

    加藤 大樹
    清原 翔平

  •  

     

    46*’

    icon_outicon_in

    梅鉢 貴秀
    大橋 尚志

  • 金久保 順

    goal

    43’

     

     

  •  

     

    18’

    icon_yellowx1

    梅鉢 貴秀

データ

  • 今回対戦

  • データ項目

    京都サンガF.C.

    ツエーゲン金沢

  • FK

    18

    16

  • CK

    8

    2

  • PK

    1

    0

  • シュート

    11

    5

  • 警告/退場

    1/0

    1/0

柳下監督

前半に関してですが、京都さんも非常に良かったと思いますが、我々の方の最終ラインが深くて、一美選手一人に引っ張られて中盤にスペースを与えてしまった苦しい守備になりました。

トップ1人に引っ張れてしまった。

前半にラインを上げるように指示して上げたときは中盤でボールを奪えてるんです。

だから、そういうことを怖がらずに覚えてやれれば、前半からもう少しリズムが出せたんじゃないかなと思います。

 

1トップの選手に対してラインが下がってしまうというのは往々にあるんですが、怖がらずにやれればと思います。

これからも1トップのチームはあると思うので、ラインをうまくコントロール出来ればと思います。

 

後半は、少しラインも高く保てたし狙い通り守備もできてたんじゃないかなと思います。

前半を考えたら勝ち点1を取るのは難しい状態だったんですが、あの時間帯に追いついて1-1になって、そこは非常に良かったと思います。

 

全体を通して言うと、まだまだ悪い習慣がこういう厳しいゲームで出てしまうというところを改善しなければいけないし、これくらいでいいだろうという甘いポジショニングも改善していかないといけないと思います。

そういうことが出来れば、今日のように相手ペースの難しいゲームでも勝ち点1を取れるようなチーム、上の順いを目指してやっていけるチームになれるんじゃないかなと思います。

 

厳しいゲームで出てしまった、悪い部分というのは具体的に?

ミスが多いです。京都に比べたら倍くらいミスしてる。

チームの中には、イージーミスをしてはいけない選手ってのがいるんですよね。

その選手がミスが多いとチームとして厳しいなと思います。

その辺りはまた選手に話をしていこうと思っています。

大橋選手を途中交代で入れた狙いは?

まずひとつは、梅鉢が既にイエローをもらっている。

今日みたいな自分たちのリズムじゃないゲームで、中盤の選手がイエローをもらっているのは少し危ないし、2枚目を出されるのが怖いなと判断しました。

攻撃がハイテンポになりすぎてたので、どうしてもミスが出てしまいました。

全体に落ち着きを持たせたいという狙いで大橋を入れました。

 

どうしても攻撃がハイテンポになりすぎていて、自分たちのミスでボールを失っていることが非常に多かったので、そこをもう少し溜める時間を作れればと思いました。

ハイテンポで、さらにミスなく出来れば相手にとっては難しい処理になるので、一番は早いテンポでミスなくできるようにしたいというのはありますが、難しいことなので時間はかかるかなと思います。

 

pagetop