試合速報

2020.07.19(日)

18:00KICK OFF

栃木県グリーンスタジアム

試合終了

栃木SC

栃木SC

0

-

1

ツエーゲン金沢

ツエーゲン金沢

  • 0

    前半

    1

  • 0

    後半

    0

  • 杉浦 恭平 (29’)

  • スタジアム

    栃木県グリーンスタジアム

  • 入場者数

    1,456人

  • 天候/気温/湿度

    晴/25.9℃/84%

  • 主審

    榎本 一慶

  • 副審

    塚越 由貴、細尾 基

  • 第四の審判員

    岩﨑 創一

テキスト速報

  • 前半0分

     

    栃木ボールでキックオフ、試合開始

  • 前半0分

    栃木

    予想フォーメーションは4-4-2。前節からのスタメン変更は3人。柳、明本、禹相皓が外れ、田代、山本、岩間が入る。2連勝と勢いそのままに3連勝を目指す

  • 前半0分

    金沢

    予想フォーメーションは4-4-2。前節からのスタメン変更は6人。高安、山田、杉井、金子、西田、加藤が外れ、長谷川、廣井、窪田、藤村、島津、杉浦恭が入る。大幅にメンバーを入れ替え、連敗脱出を目指す

  • 前半0分

     

    栃木の直近5試合は2勝1分け2敗。金沢の直近5試合は1勝1分け3敗。両者の過去対戦成績は1勝5分け0敗と金沢の勝ち越し

  • 前半0分

    栃木

    高杉はこの試合でJ2通算300試合出場を達成

  • 前半3分

    金沢

    味方が自陣から前線のルカオにロングボールを送るも、DFに対応されてチャンスとはならない

  • 前半4分

    栃木

    田代はルカオとヘディングで競り合うと、額を押さえてピッチに倒れ込む

  • 前半6分

    栃木

    田代はピッチの外で治療を受ける

  • 前半7分

    栃木

    田代は額にテーピングを巻いてプレーに復帰

  • 前半9分

    栃木

    瀬川が横パスを受けると、敵陣中央の左からミドルシュートを放つ。しかし、至近距離でDFにブロックされてしまう

  • 前半12分

    栃木

    韓勇太が自陣でボールを奪い、自ら持ち上がる。しかし、倒されてしまう。敵陣中央の右でFKを獲得する

  • 前半13分

    栃木

    キッカーの瀬川は左足で鋭いクロスをファーサイドに送る。反応した田代がペナルティエリア内でヘディングシュートを放つ。しかし、GKにキャッチされてしまう

  • 前半16分

    金沢

    ボールを保持し、相手の隙をうかがう時間が続く

  • 前半18分

    金沢

    ボールと関係のないプレーでルカオが高杉と交錯。ルカオはピッチの外で治療を受ける

  • 前半19分

    金沢

    ルカオがプレーに復帰する

  • 前半21分

    金沢

    ルカオが敵陣でボールを奪うと、ペナルティエリア手前に持ち込み、右の杉浦恭にパス。杉浦恭はペナルティエリア手前の右からシュートを放つも、ゴールの左に外れてしまう

  • 前半23分

     

    飲水タイムが設けられる

  • 前半25分

     

    金沢ボールでプレーが再開される

  • 前半26分

    金沢

    ディフェンスラインの背後に落ちるボールに走り込んだルカオが強引に左サイドの敵陣中央からシュートを放つ。しかし、これはゴールの左に外れてしまう

  • 前半29分

    金沢

    gooooal左サイドの敵陣中央で下川が受けると、ドリブルで縦に持ち運ぶ。下川は左サイドの敵陣深くからクロスを送ると、反応した杉浦恭がゴール前でヘディングシュートを放つ。これがネットを揺らして先制に成功する

  • 前半32分

    栃木

    左CKを獲得すると、キッカーの瀬川が意表を突き、マイナス方向にクロスを送る。反応した田代が足でそらすも、ボールは流れてしまう

  • 前半35分

     

    激しく攻守が入れ替わる展開が続く

  • 前半37分

    金沢

    島津が持ち運び、ペナルティエリア左から左足でシュートを放つ。しかし、至近距離でDFにブロックされてしまう。ルカオがこぼれたボールを収め、ペナルティエリア左角付近からシュートを放つも、これも相手にブロックされてしまって得点には至らない

  • 前半40分

    金沢

    味方が自陣から前線へロングボールを供給。窪田が巧みにディフェンスラインの背後を取るが、ボールはGKに処理されてしまう

  • 前半45分

    栃木

    味方がペナルティエリア右脇からクロスを送る。森が胸でコントロールし、ペナルティエリア内からボレーシュートを放つ。しかし、ゴールの左に外れてしまう

  • 前半46分

     

    アディショナルタイムは4分の表示

  • 前半47分

    栃木

    瀬川がペナルティエリア左脇からロングスローを送る。ニアで田代がそらすと、榊がゴール前でシュートを放つ。しかし、GKの好セーブに遭う

  • 前半50分

     

    前半終了。0-1と、アウェイの金沢のリードで試合を折り返す

  • 後半0分

     

    金沢ボールでキックオフ、後半開始

  • 後半0分

    栃木

    17山本OUT→8明本IN

  • 後半0分

    栃木

    20韓勇太OUT→29矢野IN

  • 後半0分

    栃木

    5岩間OUT→13禹相皓IN

  • 後半3分

    栃木

    積極的に仕掛ける。しかし、好機作り出せない時間が続く

  • 後半4分

    栃木

    波状攻撃を仕掛ける。最後は左サイドで瀬川がクロスを送るも、DFにブロックされてしまう。左CKを獲得

  • 後半5分

    栃木

    キッカーの瀬川は左足でアウトスイングのクロスを送る。しかし、GKにキャッチされてしまう

  • 後半6分

    栃木

    左サイドの敵陣浅い位置からのFKを獲得すると、キッカーの瀬川はペナルティエリア内にロングボールを供給。一度はDFにクリアされてしまうが、田代がヘディングでゴール前へ高いボールを送る。矢野が反応し、GKと競り合いながらヘディングシュートを放つも、得点には至らない

  • 後半9分

    栃木

    ペナルティエリア右脇でFKを獲得

  • 後半10分

    栃木

    ボールのそばに立つのは森、榊、瀬川。キッカーの森が至近距離の榊にパスを出すと、榊は瀬川にはたき、トライアングルの関係で変則的なFKを披露。最後は瀬川がクロスを送るも、効果的なボールを供給できず、決定機につながらない

  • 後半13分

    金沢

    味方が自陣から前線のルカオに縦パスを送る。ルカオは田代を振り切り、DFと並走しながらペナルティエリア内に進入してペナルティエリア右からシュートを放つ。しかし、GKに触れられたボールはクロスバーをたたき、得点とはならない

  • 後半16分

    栃木

    矢野が前線でボールを奪うと、自ら持ち上がる。最後はペナルティエリア左から右足でシュートを放つも、ゴールの左に外れてしまう

  • 後半18分

    金沢

    18窪田OUT→14金子IN

  • 後半18分

    金沢

    11杉浦恭OUT→17加藤IN

  • 後半19分

    栃木

    禹相皓がペナルティエリア手前の右からスルーパスを供給。走り込んだ明本がペナルティエリア右のゴールライン際から折り返す。しかし、GKにキャッチされてしまう

  • 後半21分

    金沢

    石尾が敵陣中央の右から前線にパスを供給。これは加藤の手前でカットされる。素早く加藤が守備に入ってボールを奪うと、ペナルティエリア右からシュートを放つ。しかし、GKにセーブされてしまう

  • 後半23分

     

    飲水タイムが設けられる

  • 後半24分

    栃木

    6瀬川OUT→14西谷IN

  • 後半24分

     

    金沢ボールでプレーが再開される

  • 後半25分

    栃木

    西谷がペナルティエリア手前の左からファーサイドに右足で浮き球を送る。反応した明本がペナルティエリア右でヘディングシュートを放つも、枠をとらえられない

  • 後半26分

    金沢

    19島津OUT→20西田IN

  • 後半28分

    栃木

    大島が右サイドからクロスを送る。味方がペナルティエリア中央でつぶれると、森がゴール前でコントロールする。しかし、ハンドの判定を受ける

  • 後半31分

    栃木

    敵陣で素早く奪い、攻撃に転じる。しかし、シュートチャンスを作れない展開が続く

  • 後半34分

    栃木

    高杉が敵陣浅い位置からペナルティエリア内にロングボールを送る。森が胸でコントロールし、個人技からペナルティエリア左でシュートを放つ。しかし、枠をとらえられない

  • 後半34分

    金沢

    9ルカオOUT→33杉浦力IN

  • 後半34分

    金沢

    27廣井OUT→3作田IN

  • 後半34分

    栃木

    16榊OUT→9エスクデロIN

  • 後半37分

    金沢

    左CKのこぼれ球を西田が拾うと、ペナルティエリア右で1対1を仕掛ける。しかし、コントロールが大きくなり、ゴールラインを割ってしまう

  • 後半40分

    金沢

    長谷川がルーズボールを拾うと、持ち上がって右サイドからクロスを送る。反応した加藤がニアで合わせるも、ゴールの右に外れてしまう

  • 後半42分

    栃木

    西谷が左サイドの敵陣中央からスルーパスを明本に送る。明本、森、明本とつなぎ最後はエスクデロがペナルティエリア左からシュートを放つも、得点には至らない

  • 後半45分

    金沢

    時間を掛けながらの攻撃を見せる

  • 後半46分

     

    アディショナルタイムは4分の表示

  • 後半46分

    金沢

    長谷川にイエローカード

  • 後半46分

    金沢

    長谷川はドリブルしているエスクデロを手を使って倒してしまう。これが警告の対象となる

  • 後半48分

    栃木

    禹相皓がペナルティエリア右脇からロングスローを送る。しかし、ニアでGKにキャッチされてしまう

  • 後半50分

     

    試合終了。0-1でアウェイの金沢が勝利

メンバー

  • 栃木SC

  • スターティングメンバー

  • GK

    22

    塩田 仁史

  • DF

    4

    髙杉 亮太

  • DF

    30

    田代 雅也

  • DF

    6

    瀬川 和樹

    69’

    out
  • MF

    17

    山本 廉

    46*’

    out
  • MF

    25

    佐藤 祥

  • MF

    5

    岩間 雄大

    46*’

    out
  • MF

    18

    森 俊貴

  • FW

    19

    大島 康樹

  • FW

    20

    韓 勇太

    46*’

    out
  • FW

    16

    榊 翔太

    79’

    out
  • ツエーゲン金沢

  • スターティングメンバー

  • GK

    23

    白井 裕人

  • DF

    24

    長谷川 巧

  • DF

    4

    石尾 崚雅

  • DF

    27

    廣井 友信

    79’

    out
  • DF

    39

    下川 陽太

  • MF

    18

    窪田 稜

    63’

    out
  • MF

    6

    大橋 尚志

  • MF

    8

    藤村 慶太

  • MF

    19

    島津 頼盛

    71’

    out
  • FW

    9

    ルカオ

    79’

    out
  • FW

    11

    杉浦 恭平

    63’

    out
  • 控えメンバー

  • GK

    1

    川田 修平

  • DF

    23

    柳 育崇

  • MF

    13

    禹 相皓

    46*’

    in
  • MF

    14

    西谷 優希

    69’

    in
  • MF

    8

    明本 考浩

    46*’

    in
  • FW

    9

    エスクデロ 競飛王

    79’

    in
  • FW

    29

    矢野 貴章

    46*’

    in
  • 控えメンバー

  • GK

    41

    堀田 大暉

  • DF

    3

    作田 裕次

    79’

    in
  • DF

    25

    高安 孝幸

  • MF

    14

    金子 昌広

    63’

    in
  • MF

    20

    西田 恵

    71’

    in
  • FW

    17

    加藤 陸次樹

    63’

    in
  • FW

    33

    杉浦 力斗

    79’

    in
  • 監督

  • 田坂 和昭

  • 監督

  • 柳下 正明

試合経過

  • 栃木SC

    ツエーゲン金沢

  •  

     

    90+1’

    icon_yellowx1

    長谷川 巧

  • 榊 翔太
    エスクデロ 競飛王

    icon_outicon_in

    79’

     

     

  •  

     

    79’

    icon_outicon_in

    ルカオ
    杉浦 力斗

  •  

     

    79’

    icon_outicon_in

    廣井 友信
    作田 裕次

  •  

     

    71’

    icon_outicon_in

    島津 頼盛
    西田 恵

  • 瀬川 和樹
    西谷 優希

    icon_outicon_in

    69’

     

     

  •  

     

    63’

    icon_outicon_in

    窪田 稜
    金子 昌広

  •  

     

    63’

    icon_outicon_in

    杉浦 恭平
    加藤 陸次樹

  • 山本 廉
    明本 考浩

    icon_outicon_in

    46*’

     

     

  • 韓 勇太
    矢野 貴章

    icon_outicon_in

    46*’

     

     

  • 岩間 雄大
    禹 相皓

    icon_outicon_in

    46*’

     

     

  •  

     

    29’

    goal

    杉浦 恭平

データ

  • 今回対戦

  • データ項目

    栃木SC

    ツエーゲン金沢

  • FK

    13

    15

  • CK

    5

    2

  • PK

    0

    0

  • シュート

    9

    13

  • 警告/退場

    0/0

    1/0

【ハーフタイム】柳下監督

・セカンドボールをしっかり狙おう。

・お互いの距離を近くしよう。

・残り45分集中しよう。

【試合後】柳下監督

栃木のサッカーを見ていると非常にパワーが必要だなと思っていたので、この前の2戦で疲れが見えている選手をパワー持っているフレッシュな選手に代えて闘おうと思いました。

実際、前半までは初めて先発で出た選手たちも頑張って闘ってくれていたと思います。

最終的にはチームが一つになって粘り強く闘う姿勢を見せてくれていたと思うし、プレー自体も厳しさを持ってやってくれて、そのおかげで勝ち点3をとれたと思っています。

空中戦でのセカンドボールを拾うか拾えないか、という場面が多い非常に難しい試合でしたが、それを狙いを持って拾えればチャンスを作れるけど、相手に拾われたらピンチが続くという試合でした。

後半は、相手に拾われて押し込まれる場面が多かったですが、なんとか集中を切らさずやれていました。

こういう厳しいゲームを、勝ち点3に結びつけて戦えるようなゲームを続けていきたいと思います。

 

 

先制点の場面を振り返って、栃木に対する狙いを教えてください

栃木は守備のところで、前でプレスをかけてボールを奪うというパワーがすごくあるので、それを裏返そうと。

DFラインの背後に送り込んでボールを出して受けるということをまずは選手たちにやらせました。

ただ、思ったよりもボールを出さなかったし、良いボールは出なかったかなと思っています。

 

 

先制点のシーンはどうでしたか?

クロスに関してはずっとトレーニングしています。

下川が自分の狙ったところにきっちり蹴れたかどうかはわかりませんが、いいポジションに杉浦恭平もいて上手くあてられたんだと思います。

 

杉浦恭平選手

先制点の場面を振り返ってどうでしたか

キャンプからずっと練習していたので、それが試合で出せたと思いますし、練習でやっていることがそのまま試合で出せてよかったと思います。

中での駆け引きが今日一番の課題だった中で、しっかりと動けて良かったです。

うちにはルカオ選手がいるので、そこのこぼれを僕がサポートして、良い形で前に運べたらもっとよかったと思います。

 

失点をゼロに抑えたのは、栃木の戦術でこういう試合になるというのがわかっていたので、90分間を通して守備の選手が頑張ってくれていて、僕たち前の選手がもっと点をとってあげられたら良かったですが、守備の選手に本当に感謝しています。

 

長谷川巧選手

栃木が攻撃のときにロングボールをFWの選手に当ててセカンドボールを狙ってくるというのがわかっていたので、そこはチーム全員で意識しながらやっていました。

攻撃のところはいつものように背後のスペースを狙っていました。

 

クロスからの得点はチームとして練習していることなので、そこがうまくいってよかったです。

守備面ではチーム全員で声をかけながら、最後のところ体を張るということがしっかりできたので、みんなで一丸となってやるべきことをできたから勝てたと思います。

 

藤村慶太選手

結果的に勝てたし、チーム全体でひとつになって最後まで闘えたので良かったです。

次節はまたアウェイゲームですが、連勝もかかっているので今日のようにまたチームでひとつになって勝って帰れるように良い準備をしたいと思います。

窪田稜選手

初スタメンでしたが緊張とかはあまりありませんでした。

チームの狙いの部分で裏に抜けるプレーだったりは出せましたが、自分がフリーでボールを持ったときにもう少し時間を作れるようなところでミスをしてしまっていました。

そこは修正していかないといけないし、守備の部分ももっと頑張らないといけないと思います。

次は自分が結果を出すということを目標に、守備面でも攻撃面でもチームに貢献できるようにやっていきたいです。

pagetop