ホーム クラブ紹介 選手・スタッフ グッズ チケット 試合日程・結果 スケジュール ニュース 育成・スクール ランニングクラブ 後援会
 
HOME>ニュース> 【キャンプレポート】2月23日(熊本県八代市)
   
 
 
【キャンプレポート】2月23日(熊本県八代市)

午前トレーニングは、午後のトレーニングマッチに出場しないメンバーで行われた。
リスタートの確認など、約1時間半かけて汗を流した。

午後は九州共立大学とのトレーニングマッチ。
前半30分頃まではテンポの良いパスまわし、相手の背後への飛び出しでの攻撃を展開した。
しかし、キャンプ終盤での疲労からか徐々に運動量が落ち、簡単なミスパスや判断ミスで流れを失っていった。
後半も流れを取り戻せず、相手の素早い出足で攻撃にまでは至らなかった。
それでも守備の集中力を切らさず終盤に得点を決め、3-1のスコアで終了した。

八代でのキャンプも本日で終わり、明日は帰路の途中でトレーニングマッチを行い金沢へ帰る。

キャンプ中は途中雨が降り寒い日もあったが、グラウンドで戦術の確認や共通理解を図れる貴重な時間となった。
また、寝食を共にした事で選手間の距離も縮まった事もシーズン開幕へ向けての良い準備となった。

残念だったのは、合流間近だった本田真吾選手の怪我だった。
辛いリハビリを乗り越えて楽しみにしていた合流間近であり、本人も大変ショックだったと思うが、チームメイトも監督も大きなショックを受けていた。
本田選手の早期復帰をスタッフ、選手一同願っている。

この八代キャンプではたくさんの人たちの協力を頂きました。
皆様のお陰で充実したキャンプになりました。
今シーズンの活躍を誓って御礼に代えさせていただきます。


【お世話になった皆さま】(順不同)

・熊本県の関係者様
・八代市役所の皆様
・熊本県サッカー協会の皆様
・八代市サッカー協会の皆様
・熊本県審判委員会の皆様
・九州看護福祉大学の皆様

練習場でのいろいろなサポートをしていただきました。強化試合や練習中でのボール拾いまでしていただきました。

・エスペランサ熊本の皆様

このキャンプ中、移動用の大型バスやマイクロバスをずっと貸していただきました。

・八代市運動公園の皆様

キャンプ期間中、大変お世話になりました。

・東海大学九州サッカー部の皆様

人数の少ない時に練習参加していただきました。選手に無理をさせずにすみました。

・八代ロイヤルホテルの皆様
・寿し・日本料理 葵 様

選手の食事をはじめ、大変お世話になりました。様々なお願いごとに対し、快く受けてくださいました。

・食房 小川 様

「葵様」がお休みの時、代わりに選手の夕食を用意いただきました。

・FCKマリーゴールド代表 原 様

このキャンプの最初の窓口になっていただきました。夕食のお店を紹介いただいたり、イレギュラー対応をしていただいたり、食事の時の飲み物(オレンジジュース1リットル×60本、アップルジュース1リットル×60本)の差し入れをしていただきました。

・熊本労災病院の皆様

本田真吾選手が怪我をした時に親切で丁寧な対応をしていただきました。手術を行う病院への転送の時も、病院の救急車を手配してくれてドクターも同乗してもらいました。(ちなみに、救急車を使っての転院はドクターが同乗しないと配車出来ない法律があるようです。)

以上、大変お世話になりました。本当にありがとうございました。


午後に行われた、九州共立大学とのトレーニングマッチ。



井筒和之選手


鳴海勝也選手



牧野悟選手


大町将梧選手

 
     更新日時:2013.02.23 20:30