試合速報

2021.03.20(土)

16:00KICK OFF

味の素スタジアム

試合終了

東京ヴェルディ

東京ヴェルディ

2

-

4

ツエーゲン金沢

ツエーゲン金沢

  • 1

    前半

    1

  • 1

    後半

    3

  • 小池 純輝 (4’)

    山下 諒也 (90’)

    丹羽 詩温 (43’)

    瀬沼 優司 (51’)

    大谷 駿斗 (71’)

    瀬沼 優司 (83’)

  • スタジアム

    味の素スタジアム

  • 入場者数

    2,245人

  • 天候/気温/湿度

    曇/17.9℃/53%

  • 主審

    中村 太

  • 副審

    村井 良輔、金井 清一

  • 第四の審判員

    藤澤 達也

テキスト速報

  • 前半0分

     

    金沢ボールでキックオフ、試合開始

  • 前半0分

    東京V

    予想フォーメーションは4-1-2-3。前節からのスタメン変更は3人。馬場、梶川、阿野が外れ、平、端戸、井出が入る。注目は前節2ゴールを挙げた小池。ここまでリーグ最多となる4ゴールを挙げている。今日もゴールを決め、チームを勝利に導けるか

  • 前半0分

    金沢

    予想フォーメーションは4-4-2。前節からのスタメン変更は1人。大石が外れ、嶋田が入る。今日の相手は直近5試合で一度も勝てていない東京V。苦手とする相手に勝ち、勢いに乗れるか

  • 前半0分

     

    両者の過去対戦成績は4勝6分け2敗と東京Vの勝ち越し

  • 前半1分

    金沢

    こぼれ球を拾った藤村がペナルティエリア手前の中央からシュートを放つ。しかし、GKにキャッチされてしまう

  • 前半4分

    東京V

    ゴール!井出が自陣からディフェンスラインの背後へスルーパスを供給すると、抜け出した小池がペナルティエリア左まで運び、左足でシュートを放つ。ボールはDFの足に当たってコースが変わり、ゴールに吸い込まれる

  • 前半7分

    金沢

    左CKを獲得。キッカーの嶋田がクロスを供給するが、ボールは直接左ポストに当たり、チャンスには至らない

  • 前半10分

    東京V

    少しずつボールを握る時間が長くなっている

  • 前半13分

    金沢

    丹羽がペナルティエリア内の瀬沼へパスを供給する。反応した瀬沼は優しいパスをペナルティエリア手前の中央のスペースへ送る。反応した嶋田がシュートを放つも、枠をとらえられない

  • 前半17分

    金沢

    大橋がセンターサークル内からディフェンスラインの背後へ浮き球のパスを供給する。だが、精度を欠き、GKに処理されてしまう

  • 前半18分

    東京V

    山下が大谷との接触で足を痛めるも、すぐに立ち上がってプレーを続ける

  • 前半21分

    東京V

    最終ラインでボールを回し、相手の隙をうかがっている

  • 前半22分

    金沢

    味方のパスを受けた渡邊が左サイドの敵陣深くからふわりとしたクロスを供給する。だが、精度を欠き、GKにキャッチされてしまう

  • 前半23分

     

    飲水タイムが設けられる

  • 前半25分

     

    飲水タイムが終わり、プレーが再開される

  • 前半26分

    東京V

    端戸が井出とのコンビネーションでDFを揺さぶり、ペナルティエリア手前の中央から左足で狙い澄ましたシュートを放つ。しかし、GKのセーブに遭う

  • 前半29分

    東京V

    ピッチを広く使ってパスを回している

  • 前半32分

    金沢

    大谷がドリブルでペナルティエリア左に進入して中央にパスを送る。だが、DFに処理されてしまう

  • 前半35分

    金沢

    左CKを獲得。キッカーは嶋田。左足でクロスを上げるも、DFに頭でクリアされてしまう

  • 前半36分

    金沢

    嶋田が左サイドの敵陣中央から浮き球のクロスを上げると、ゴール前で反応した大谷が頭で合わせる。だが、枠をとらえられない

  • 前半37分

    金沢

    こぼれ球に反応した嶋田がペナルティエリア手前の中央から左足を振り抜くが、DFにブロックされてしまう。さらに、こぼれ球を自ら拾ってペナルティエリア中央からシュートを放つも、マテウスのセーブに遭う

  • 前半37分

    金沢

    右CKを獲得。キッカーは藤村。鋭いクロスを供給すると、ゴール前で反応した石尾がヘディングシュートを放つ。しかし、枠の上に外れてしまう

  • 前半41分

    金沢

    左CKを獲得すると、キッカーの嶋田がアウトスイングのクロスを上げる。だが、ニアサイドでDFにクリアされてしまう

  • 前半43分

    金沢

    gooooal嶋田が左サイドの敵陣中央からペナルティエリア左のスペースへパスを送る。受けた丹羽が左足を振り抜くと、ボールはGKの股下を抜けてゴールに吸い込まれる

  • 前半46分

     

    アディショナルタイムは1分の表示

  • 前半47分

     

    前半終了。1-1と、同点で試合を折り返す

  • 後半0分

     

    東京Vボールでキックオフ、後半開始

  • 後半0分

     

    両チームともにハーフタイムでの選手交代はなし

  • 後半1分

    金沢

    嶋田のパスを受けた丹羽がペナルティエリア左に運び、左足でシュートを放つ。だが、GKのセーブに遭う

  • 後半5分

    金沢

    大橋が右サイドの敵陣中央から浮き球のクロスを上げると、ファーサイドで反応した丹羽が頭で中央に送る。だが、味方には合わない

  • 後半6分

    金沢

    gooooal嶋田がペナルティエリア手前の右からペナルティエリア内のスペースへ走り込んだ瀬沼へスルーパスを供給する。受けた瀬沼がワントラップから右足で強烈なシュートを放つと、ボールはネットに突き刺さり、逆転に成功する

  • 後半9分

    東京V

    味方のパスを受けた小池がペナルティエリア内でドリブルを仕掛けるが、DFの対応に遭い、シュートには至らない

  • 後半12分

    金沢

    左CKを獲得する。キッカーの藤村がインスイングのクロスを供給すると、ゴール前で味方がヘディングシュートを放ち、ネットを揺らす。だが、ファウルの判定になり得点は認められない

  • 後半13分

    東京V

    9佐藤優OUT→22馬場IN

  • 後半13分

    東京V

    25端戸OUT→27佐藤凌IN

  • 後半16分

    東京V

    細かいパスをつなぎ、攻撃を組み立てている

  • 後半18分

    金沢

    松田がドリブルで運び、右サイドの敵陣中央からクロスを供給する。だが、ニアサイドでDFにクリアされてしまう

  • 後半22分

    金沢

    石尾にイエローカード

  • 後半22分

    金沢

    石尾は背後から山下を倒してしまう。これが警告の対象となる

  • 後半22分

    東京V

    16福村OUT→42安在IN

  • 後半23分

    東京V

    右サイドの敵陣中央でFKを獲得する。キッカーの安在がインスイングのクロスを供給するが、ファーサイドの平にはわずかに合わない

  • 後半23分

     

    飲水タイムが設けられる

  • 後半24分

    金沢

    7嶋田OUT→22力安IN

  • 後半25分

     

    飲水タイムが終わり、プレーが再開される

  • 後半26分

    金沢

    gooooal大橋からのパスに反応した瀬沼がペナルティエリア中央からシュートを放つ。一度はマテウスのセーブに遭うが、こぼれ球に反応した大谷が右足で冷静に流し込み、追加点を奪う

  • 後半30分

    金沢

    丹羽が山本との接触で足を痛めるも、すぐに立ち上がってプレーを続ける

  • 後半31分

    東京V

    味方のパスを受けた山下がペナルティエリア右に進入して右足を振り抜く。しかし、GKのセーブに遭う

  • 後半32分

    東京V

    左CKを獲得する。キッカーの安在が左足で鋭いクロスを供給するも、ニアサイドでDFに頭でクリアされてしまう

  • 後半33分

    東京V

    加藤がディフェンスラインの背後に浮き球のパスを送ると、走り込んだ山下がペナルティエリア中央まで運び、左足でシュートを放つ。しかし、GKのセーブに遭う

  • 後半34分

    金沢

    9丹羽OUT→11杉浦恭IN

  • 後半37分

    東京V

    味方のパスを受けた小池がペナルティエリア手前の中央からシュートを放つ。だが、GKに防がれてしまう

  • 後半38分

    金沢

    gooooal杉浦恭がペナルティエリア中央のスペースへスルーパスを送ると、反応した瀬沼がシュートを放つ。一度は飛び出した後藤に防がれるも、はね返ったボールが瀬沼の身体に当たり、ボールはゴールに吸い込まれる

  • 後半38分

    東京V

    19小池OUT→18松橋IN

  • 後半38分

    東京V

    2若狭OUT→24奈良輪IN

  • 後半42分

    金沢

    10瀬沼OUT→19島津IN

  • 後半42分

    金沢

    5松田OUT→25高安IN

  • 後半45分

    東京V

    ゴール!右サイドからの味方のクロスに反応した佐藤凌が優しいパスを山下に送る。受けた山下はペナルティエリア右から右足を振り抜く。ボールは左ポストに当たってゴールに吸い込まれる

  • 後半46分

     

    アディショナルタイムは4分の表示

  • 後半50分

    金沢

    杉浦恭がドリブルで仕掛けてペナルティエリア右に進入し、右足を振り抜く。だが、枠の左に外れてしまう

  • 後半50分

     

    試合終了。2-4でアウェイの金沢が勝利

メンバー

  • 東京ヴェルディ

  • スターティングメンバー

  • GK

    31

    マテウス

  • DF

    2

    若狭 大志

    83’

    out
  • DF

    5

    平 智広

  • DF

    16

    福村 貴幸

    67’

    out
  • MF

    9

    佐藤 優平

    58’

    out
  • MF

    6

    山本 理仁

  • MF

    17

    加藤 弘堅

  • MF

    8

    井出 遥也

  • FW

    11

    山下 諒也

  • FW

    25

    端戸 仁

    58’

    out
  • FW

    19

    小池 純輝

    83’

    out
  • ツエーゲン金沢

  • スターティングメンバー

  • GK

    1

    後藤 雅明

  • DF

    5

    松田 陸

    87’

    out
  • DF

    39

    庄司 朋乃也

  • DF

    4

    石尾 崚雅

  • DF

    15

    渡邊 泰基

  • MF

    7

    嶋田 慎太郎

    69’

    out
  • MF

    6

    大橋 尚志

  • MF

    8

    藤村 慶太

  • MF

    30

    大谷 駿斗

  • FW

    9

    丹羽 詩温

    79’

    out
  • FW

    10

    瀬沼 優司

    87’

    out
  • 控えメンバー

  • GK

    1

    柴崎 貴広

  • DF

    3

    富澤 清太郎

  • DF

    22

    馬場 晴也

    58’

    in
  • DF

    42

    安在 和樹

    67’

    in
  • MF

    24

    奈良輪 雄太

    83’

    in
  • MF

    18

    松橋 優安

    83’

    in
  • FW

    27

    佐藤 凌我

    58’

    in
  • 控えメンバー

  • GK

    23

    白井 裕人

  • DF

    25

    高安 孝幸

    87’

    in
  • DF

    27

    廣井 友信

  • MF

    13

    大石 竜平

  • MF

    19

    島津 頼盛

    87’

    in
  • MF

    22

    力安 祥伍

    69’

    in
  • FW

    11

    杉浦 恭平

    79’

    in
  • 監督

  • 永井 秀樹

  • 監督

  • 柳下 正明

試合経過

  • 東京ヴェルディ

    ツエーゲン金沢

  • 山下 諒也

    goal

    90’

     

     

  •  

     

    87’

    icon_outicon_in

    瀬沼 優司
    島津 頼盛

  •  

     

    87’

    icon_outicon_in

    松田 陸
    高安 孝幸

  • 若狭 大志
    奈良輪 雄太

    icon_outicon_in

    83’

     

     

  • 小池 純輝
    松橋 優安

    icon_outicon_in

    83’

     

     

  •  

     

    83’

    goal

    瀬沼 優司

  •  

     

    79’

    icon_outicon_in

    丹羽 詩温
    杉浦 恭平

  •  

     

    71’

    goal

    大谷 駿斗

  •  

     

    69’

    icon_outicon_in

    嶋田 慎太郎
    力安 祥伍

  • 福村 貴幸
    安在 和樹

    icon_outicon_in

    67’

     

     

  •  

     

    67’

    icon_yellowx1

    石尾 崚雅

  • 佐藤 優平
    馬場 晴也

    icon_outicon_in

    58’

     

     

  • 端戸 仁
    佐藤 凌我

    icon_outicon_in

    58’

     

     

  •  

     

    51’

    goal

    瀬沼 優司

  •  

     

    43’

    goal

    丹羽 詩温

  • 小池 純輝

    goal

    4’

     

     

データ

  • 今回対戦

  • データ項目

    東京ヴェルディ

    ツエーゲン金沢

  • FK

    15

    8

  • CK

    5

    7

  • PK

    0

    0

  • シュート

    8

    16

  • 警告/退場

    0/0

    1/0

【ハーフタイム】柳下監督

・落ち着いてボールを動かそう。

・背後やミドルシュートを狙おう。

・セットプレーも狙っていこう。

【試合後】柳下監督

開始直後、素晴らしいパンチを食らったけども、その後選手たちは慌てずに落ち着いてプレーをしてたし、やろうとすることをやってくれた。

ここ2試合に比べたら、マイボールを失う回数が非常に少なくて、シュートで終わるプレーあるいは、相手のゴール前まで運んで終わるプレーというのが増えて、自分たちのリズムを作ることが出来たんじゃないかなと思う。

 

残り10分くらいは失う回数が増えて失点もしましたけど、トータル70分から80分くらいは自分たちがやろうとすること、そしてマイボールにした後、落ち着いてプレーが出来たんじゃないかなと思います。

こういうゲームを続けていくことが大事だと思っています。

 

Q.前半30分くらいまでは食いついてもボールを回されて、大変な時間だったように見えました。その後は金沢がうまく罠を仕掛けたように見えたのですが、監督としてはどのような部分がポイントだったのでしょうか?

昨年もそうでしたけど、20分くらいはヴェルディの選手も動きながらボールを動かすので、とらえるところがなかなか難しいんですね。1つは相手も連続して動き続けてということは出来なくて、必ず止まる時間が出来て、そこである程度うちの選手も誰が誰をマークしてボール奪いにいけるいけないという判断ができると。

前半は立ち上がり入れられてビハインドになってたんで、無理な感じも見ててしましたけど、スペースがある中かなり前からいっていたので、ボールを回されたんだと思います。

相手も途中から、守備になったらきゅっと引いて、金沢にボールを持たせるような守備をしていたので、逆にそこで守備で疲れていた分を回復出来たんじゃないかなと思います。

後半に入ってからはいくけども、サイドを変えれたときは無理していかないでポジションをとろうという守備に変えたんですけど、後半の立ち上がり良い感じで得点できたので、自分たちのペースというかはやいテンポで出来たんじゃないかなと思います。

 

Q.監督の狙い通りのゲーム運びという感じですね。

狙い通りというか、やることはどことやっても自分たちからボールを奪いにいくという考えは変わらないので。

ではどうやって奪いにいくか、相手の立ち位置によってこういこうよというのはキャンプからやっていることなので、前の4人が非常にタフにやってくれたと思います。

 

Q.4試合目にして前線の4人にゴールが生まれましたが、そこへの想いはいかがでしょうか?

チームとして攻守ともよりゴールに近いポジションを取らせたいという狙いがあってやっているんですけども、ようやくチャンスをみんなが決めてくれたのかなと。

それもマイボールになった後の落ち着きで、ボールを失う回数がそんなに多くなかったと、ここ2試合に比べて。

それでゴール前でも落ち着きが見られたんじゃないかなと思っています。

 

Q.前線の顔ぶれが変わったというところで、攻撃の迫力というところの印象が変わった感じがするんでけども、今シーズン攻撃という部分でどういうところを打ち出していきたいとお考えでしょうか?

特別変えるつもりもないし、マイボールになったら出来るだけはやくゴールを目指すという考えは変わらないので、それは続けていきます。

プレーをしている4人がそれぞれ昨年とは違うスタイルを持っているので、それは個で出してくれればいいことで、チームとしての狙いは変わらないことをやっています。

 

Q.攻撃面で嶋田選手が前半の途中から良いアクセントになっていて1点目も2点目も良い形で裏をとっていましたが、彼のパフォーマンスについてどうお考えでしょうか?

確かに立ち上がり、少し消えている時間帯もありましたけど、その以降はやはり彼がボールを持ったときの落ち着きでチーム全体が落ち着いたと。

あるいは、ちょっとしたプレーだけど相手に来させない、相手にブレーキをかけさせるような動きもあります。

非常にチームとして、ものすごくいい仕事をしてくれていると思っています。

 

Q.東京Vはサイドラインを絞りながらという最近の守のトレンドと言われるようなことをやってくるなかで、金沢は大橋選手と藤村選手が幅広く動いてサイドバックが幅をとって、という守備からビルドアップでボールを握っていましたが、今季のボールを握るという部分に関してボランチの貢献度はどのように捉えていますか?

これまでの4試合とも、ミスなくボールを握れているかというとそうではなくてやはりミスはあるのですが、守備に関して大橋も藤村も有酸素能力が非常に高い選手なので、ああいう役割をさせています。とてもきついと思いますが、守備から攻撃の切り替えの際にスッと良いポジションをここ2.3年はとれるようになっていて、そのあたりは私もほとんど何も言わずにやってくれているので助かっている部分が大きいです。

非常に戦術的理解が高い選手たちなので、ひとつ言えばあと2つ3つ理解してくれて、周りの選手たちのこともだいぶ動かせるようになっています。

本当にチームの軸としてやってくれています。

 

Q.丹羽選手と瀬沼選手の怖さが発揮できた試合だったと思いますが、2人が最前線にいることで彼らに対して頼もしく感じていることはなんでしょうか?

非常に攻守とも、自分たちから動ける2トップなんですね。

昨年までだと私が言ったり、ピッチ上の他の選手に言われて、特に守備なんかは動いていたんですけど、パッとそのときの状況で自分たちで動けるので、プレスするタイミングも後ろの選手たちからしてもわかりやすく、スイッチを入れやすいと思います。

攻守の切り替え、あるいは運動量も非常に多いので、前線のタフなプレーで今日のゲームを勝ち取れたんじゃないかなと思います。

 

Q.タフなプレーもしながら最後の決め切るということもできるのはすごく大きいですね

今日はそうですね、瀬沼は今までもチャンスはあったけど決め切れていなかったので、本人はちょっと置いてけぼりな気持ちがあったかもしれないですが、今日はセヌらしい仕事をしてくれました。

 

瀬沼優司 選手

Q.移籍後初ゴールおめでとうございます。決めた時の気持ちを教えてください。

ここ何試合かチャンスがある中でゴールを取れていなかったので、最初の1点は早く取りたいなという気持ちがあったので、1点目は嬉しかった気持ちと、とにかく得点できたことにホッとした気持ちもあります。

 

Q.1点目のゴールシーンを振り返ってください。

(嶋田)シンタロウは練習のときから左足で中に入ってシュートも打てるし、ボール持った時にしっかりとパスを出せる、常に良い状態でボールを持ってくれるので、僕はあの場所に動き出してもし自分がおとりでもいいので、シンタロウがシュートを打ってくれてもいいなという思いで動き出して、その中でパスを選択してくれて、それが良いパスだったのでゴールに流し込むだけでした。

練習でやってる形がしっかりと試合で結果に繋がってひとつの形になったので良かったなと思います。

 

Q.ご自身の2点目もすごく瀬沼選手らしいゴールだったと思いますが、そちらのゴールについてはどう振り返りますか?

1点目より2点目の方が、球際というか最後まで諦めない姿勢というのは、ピッチに出ている代表として試合に出られなくて悔しい思いをしている選手もいる中で、そういう選手の分もああいう場面でしっかりとプレーで示していきたいという思いはあったので、あれが毎回毎回結果に結びつくわけではないですが、結果に繋がろうが繋がらなかろうがああいうプレーは続けていきたいと思っています。

 

Q.1試合で2ゴール決められましたが、気持ちの入り方として普段と変わったことはありましたか?

特に普段とは変わらず、1.2.3節も変わらず、ゴールを決めてチームに貢献したい気持ちはありますけど、自分がゴールをとってもとらなくてもチームが勝つことが一番なので、まずはしっかりと自分がやるべきことをやろうという思いでプレーしていました。2点は結果的に入った形になりましたが、まずは勝ったことが一番良かったと思います。

 

Q.今年のゴール目標数を教えてください

目標は10点だったので、あと8点なんですが、数字というよりはそこにこだわらずに毎試合チームが勝てるように貢献していけたらなと。

具体的な数字は10を目標にしていましたが、もっととって貢献したいし、得点を決められたら嬉しいですけど目の前の試合でチームが勝つことを優先してプレーできたらと思います。

 

大谷駿斗 選手

Q.今日の試合での収穫を教えてください

J2でまだ4試合しか出ていないので、自分にとってはすべてのことが収穫になっています。

J2のプレーに慣れていないところもあるので、すべてが収穫だと思っています。

 

Q.J2初ゴールを振り返ってください

自分がゴールに向かって走ったらセヌくんのシュートのこぼれ球がきたので、とにかくチャンスだったので、信じて走り込んだ結果が出たのだと思います。

 

Q.自身の4試合目でのJ2初ゴールというのは、思ったよりも早かった、こんなものかな、遅いな、どんな風に感じていますか?

今日は前線の選手たち、先にセヌくんも点をとって、自分は取れていないという焦りもあったので、1点今日とれたのでそこは嬉しかったです。

 

Q.地元のチームでJ2でゴールをとれたことに対して感慨深さなどはありますか?

そうですね、地元に戻ってきて今試合に出させてもらっていて、そこでゴールを決めることができたのは、石川県の皆さんにも元気を与えられるんじゃないかなと思います。

 

Q.高校や大学では全国で強豪チームというわけではない中、今J2の舞台に立ってゴールを決めるようになったことに関してはどう思いますか?

おっしゃる通り高校や大学は全国大会とかは経験してないですけど、そんな中でカターレ富山が僕のことを拾ってくれて、それで自分のことを伸ばしてくれて富山にも感謝していますし、その中で金沢が地元でプレーする機会を与えてくれたということに感謝の気持ちを忘れずにこれからもプレーしていきたいと思います。

 

Q.自分の武器はなんだと思いますか?

自分のスピードは誰にも負けない武器だと思っているので、その武器をこのチームでもっともっと発揮してチームに貢献できればと思います。

pagetop