高円宮杯 第7回北信越ユース(U-15)サッカーリーグ2015

<高円宮杯 第7回北信越ユース(U-15)サッカーリーグ2015 >

 

■日時

5月30日(土)14:00キックオフ

 

■会場

金沢市民サッカー場

 

■結果

ツエーゲン金沢 0-1(前半0-1)AC長野パルセイロU-15

 

■戦評

「かがやきダービーマッチ第一弾」

ツエーゲン金沢津幡U-15対AC長野パルセイロU-15

ツエーゲン金沢は現在6位。対するAC長野パルセイロは現在2位。晴天の中キックオフの笛が吹かれた。

前半17分に金沢に絶好のチャンスが生まれる。FW11富川からFW17花外に渡り、長野GKと1対1になるが、GK正面へのシュートでブロックされる。

チャンスの後にはピンチが訪れ、前半19分カウンター攻撃により失点する。

前半27分にはトラップミスからボールを失い強烈なシュートを浴びるがゴール外。

前半40分FW富川のシュートはGK正面。

長野は外のスペースを使いシュートで終わる良いリズムを築きやや長野のペースで前半を終える。

後半の頭から、FW9大屋を入れて流れを変えにいく作戦に出た。

長野は後半もサイドチェンジを多く使った攻撃を仕掛けてくる。が、金沢も決定機を作らせない。トップチームばりの固い守りで相手攻撃を凌ぐ。

後半20分、相手ハンドによるFKをMF10清造がDFとGKの間に入れてFW9大屋がフリーでヘディングシュートをするものの枠を外れる。

後半43分DF13木越のクロスをFW14国沢がヘディングシュートをするものの枠外。

そして、試合終了のホイッスル。

金沢は、前半のGKと1対1の決定機、フリーで枠外シュート2本と決定力に欠けたことにより惜敗となった。

明日は、「かがやきダービーマッチ第二弾U-18対決」が行われる。この借りを兄貴分のU-18に返してもらいたい。

【寺中監督の試合後のコメント】

怪我人が多い中、即席のDFラインにしては良く頑張った。

個人で駆け引きをしてボールを奪う練習をやってきて、それを試合で出すことができた。

反省点としては、失点の場面でカバーリングができなかったこと。全体的にサポートが遅いこと。明日も試合があるので、頑張ります。

取材レポート

ツエーゲン金沢

シニアアドバイザー 佐々木達也

 

高円宮杯北信越ユース(U-15)サッカーリーグの日程・結果は下記でご確認ください。

http://www.jfa.jp/match/prince_takamado_trophy_u15_2015/regional/Hokushinetsu/

 

U-15写真

SNSシェア

/
  • FACEBOOK
  • TWITTER
  • LINE
pagetop