NEWS ニュース
新年のご挨拶

新年あけましておめでとうございます。

旧年中は、ツエーゲン金沢に多くのご声援・ご支援をいただき、誠にありがとうございました。

2022シーズンの成績は、J2リーグで22チーム中14位ではありましたが、終盤には上位チームに対しても互角以上の試合内容で勝利を挙げることができ、チームの成長に手ごたえを感じました。
オフシーズンの契約更改、補強もほぼ狙い通りに進めることができ、昨年のチームより一段階レベルを上げた布陣、選手層にできたと思っております。選手を支えるスタッフ陣も、より充実させることができました。後は、キャンプでしっかりと個人の力とチーム力を高め、1年間失速することなく闘い続ける準備をして参ります。
昨年から、ツエーゲン金沢発足20周年となる2026シーズンで2位以上の成績を収め、2027シーズンをJ1の舞台で闘うことを掲げて闘っております。今年はその目標を実現可能なものとして実感していただけるように、また目標達成を1年でも早めることができるように、常に上位争いに食い込み、感動と興奮に包まれたスタジアムにして参る所存です。

昨シーズン途中から、スタジアムの一部のエリアで声出し応援が解禁され、スタジアムに活気が戻ってきました。ファン・サポーターの皆さまの応援が、選手には何よりの力となります。どんなに苦しい状況でも、最後まで勝利を信じて闘い続ける力となります。コロナ禍でスタジアム観戦から離れられたファン・サポーターの方も沢山いらっしゃいます。まだまだ油断はできませんが、少しずつ着実に日常が戻りつつある中で、長い間チームを支えて下さった皆さまと、もう一度勝利という最高の瞬間を共にしたいと強く願っております。
是非スタジアムにお越しください。真っ赤に染まったスタジアムで、勝利を後押ししてください。そして、皆さまと沢山の勝利の喜びを分かち合い、J1昇格に向けて、力強く前進していきたいと存じます。

サッカーワールドカップでの日本代表の奮闘は、子どもたちに大きな夢を、人々に熱狂と感動を与えてくれました。改めてスポーツの持つ力、すばらしさを実感しました。
ツエーゲン金沢も、石川県内の他のスポーツチームと手を取り合いながら、試合はもちろんのこと、試合以外でも地域の方々や子どもたちとの交流を深め、夢、感動、興奮を皆さまと共有し、石川県に活力を与えられるように全力で取り組んで参りますので、本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

株式会社石川ツエーゲン
代表取締役ゼネラルマネージャー
西川 圭史

  • LINEスタンプ
  • TEAM ZERO
  • 挑戦の芽
  • COREZO
  • MDPバナー

関連ニュース

トップパートナー