NEWS ニュース
野々市市スポーツ少年団リーダー研修会に辻尾アンバサダーが参加しました

17()に野々市市民体育館にて開催された「令和4年度野々市市スポーツ少年団リーダー研修会」に、辻尾真二クラブアンバサダーが参加しました。

本研修会は、新年度から野々市市内の各少年団のリーダーになる小学5年生約40名を対象にしたもので、辻尾アンバサダーは「春からリーダーになるあなたへ」というテーマで講義を行いました。



最初に、そもそも「リーダー」という言葉の定義を示した後、有名な経営者の方々の言葉を参照しながら「『ボス』と『リーダー』の違い」を説明。イギリスの百貨店王であるH・ゴードン・セルフリッジ氏の言葉を紹介し「『ボス』は上の立場に立って指示を出すけど、『リーダー』はみんなの先頭に立って支え、チームを引っ張っていく立場。皆も『リーダー』になりましょう」と伝えました。



また、「リーダー」になるために必要な要素として①自ら率先して行動すること②仲間の気持ちや状況を考えること③自ら失敗を恐れず挑戦し続けること、の3点を挙げましたが、それらはまさに、プロとして長く活躍している選手にも当てはまっていることだと述べました。

「これまで自分が見てきた『プロで成功している選手達』は、リーダーになるために必要な要素を全てもっていました。皆ももっとうまくなりたい、トップレベルで活躍したいということであれば、『リーダー』としてチームをしっかり引っ張っていきましょう」とエールを送りました。



最後には、辻尾アンバサダーの講話を聴いたうえで、「チームとして来年度どんな目標をもって活動したいか?」「そのためにどんなリーダーにならなくてはいけないか?」を各チームで話し合い、発表してもらいました。

剣道のチームからは「(自身の)個人戦だけでなく、団体戦でも優勝できるようにチームを盛り上げていく。そのためにはまず自分が成長して、仲間たちにもアドバイスをできるようにしたい」というコメントが。また、バスケのチームからは「北信越で優勝するために、チーム全体で協力しながら日々の練習に取り組んでいきたい」とのコメントが聴かれました。



本日の講話が、来年度からチームを支える5年生の皆さんに少しでも良い影響があったようなら幸いです。

野々市市スポーツ少年団の皆様、ありがとうございました!

 

  • LINEスタンプ
  • TEAM ZERO
  • 挑戦の芽
  • COREZO
  • MDPバナー

関連ニュース

トップパートナー