クラブアンバサダーの辻尾真二が片山津中学校で職業講話を行いました。

1月25日(月)に、加賀市立片山津中学校にて開催された「地域の職業人から話を聞く会」にクラブアンバサダーの辻尾真二が参加し、1年生を対象に「プロサッカー選手」という職業に関してや心構えについてお話しました。

 

辻尾アンバサダーは、「プロサッカー選手」になるために必要な力として、①継続力②傾聴力③目標設定力、の3点をあげたうえで、「とにかくサッカーが好きという気持ちがあれば継続力がつくし、周りの人からのアドバイスを素直に受け入れる傾聴力もとても重要。そして、現在の自分を客観的に見ることができれば、自分に何が足りていないのか?ではその足りない部分を補うためにどんなトレーニングが必要か?目標をうまく設定することができる。この3つの力をもつことは、プロサッカー選手だけでなく、どんな職業の人でも大切」と伝えました。

 

今回の講話が、生徒の皆さんが将来を考えるうえでの何かのヒントになれば幸いです。

片山津中学校の皆さん、ありがとうございました!

■開催日時

2021年1月25日(月) 13:35~14:25

 

■開催場所

加賀市立片山津中学校

 

■対象

中学1年生

SNSシェア

/
  • FACEBOOK
  • TWITTER
  • LINE
pagetop