ツエーゲン金沢U-12監督の伊藤将大が三和小学校で職業講話を行いました。

1月26日(火)に、金沢市立三和小学校にて開催された職業講話にツエーゲン金沢U-12監督の伊藤将大が参加しました。

6年生を対象に「サッカーコーチ」という職業に関して、また、自身の経歴から夢をもつうえで大切にしてほしいことを伝えました。

 

伊藤監督は「自分は小学校6年生の時に『サッカー選手』になることを目指し、プロサッカークラブのU-15チームに入団。その後U-18にも進み、トップチームとプロ契約を結んでもらえ、夢だったプロサッカー選手になることができた。しかし、プロサッカー選手になれたものの、出場機会を得られず、結局2年間で引退することとなった。振り返ると、『プロサッカー選手になること』が目標になってしまっていて、『どんなプロサッカー選手になりたいのか』を考えられていなかったので、プロになった時点で目標を失ってしまった」という自身の反省を踏まえて、「夢をもっている人は、まず『どのような○○○』になりたいのか?を真剣に考えてみてください」と述べました。

 

また、児童の皆さんからの「今の目標は何ですか?」という質問に対しては、「今は、昔の反省を活かし、『自分が指導した選手達の記憶に残る指導者になること』を目指しています」と力強く述べました。

 

職業講話は、伊藤監督がジョークを交えながら子ども達と接したことで、非常に和やかな雰囲気で進みました。

 

今回の講話が、生徒の皆さんが将来を考えるうえでの何かのヒントになれば幸いです。

三和小学校の皆さん、ありがとうございました!

 

なお、本日の講話の様子はツエーゲン金沢スクールブログにも掲載されています!

https://ameblo.jp/zweigenschool/entry-12652753690.html

■開催日時

2021年1月26日(火) 13:50~14:40

 

■開催場所

金沢市立三和小学校

 

■対象

小学6年生

SNSシェア

/
  • FACEBOOK
  • TWITTER
  • LINE
pagetop